ニキビの説明: 2007年12月アーカイブ

あごや首にできるニキビについてですが、あごや首の部分に出来るニキビは、男性の場合はヒゲがちょうど生えている場所です。男性ホルモンを敏感に感じやすい部分なので、男性ホルモンが影響してニキビが出来やすいといわれています。女性があごや首の部分にニキビが出来る場合には、こちらもヒゲは生えてはいませんが男性ホルモンが関係して出来るといわれています。ホルモンが関係してあごや首にニキビが出来やすいのは男女ともに共通しているのですが、男女ともに共通するニキビの出来る原因があります。

あごや首にニキビができてしまう原因として、頬杖をついてしまう癖がある人はニキビがあごに出来やすいといわれています。その理由は、頬杖をつくことで刺激になって、ニキビがその部分に出来やすいんだそうです。ですから出来るだけニキビがあごに出来始めたとおもったら、普段から頬杖をつかないように中止してみたり、自分の癖を見直して、頬杖をついていないか確認してみるといいかもしれませんね。意外と知らない間に、頬杖をついていてあごにニキビを作る原因を自分で作っている人も多いといわれています。あごや首のニキビはこれらが原因ですから思い当たる人は一度振り返ってみるといいかもしれませんね。

口の周りのニキビについてですが、なぜ口の周りにニキビが出来やすいのかというと、この部分に出来るニキビは、食べ過ぎが原因で起きていたり、揚げ物が好きな人、偏食の人、胃腸に負担がかかっている人などが、口の周りにニキビが出来やすいといわれています。口の周りのニキビですが、胃腸の健康状態がそのまま現れる場所とも言われていますから、胃腸の調子が悪いときなどに、口の周りにニキビが出来ることが多いといわれています。口の周りのニキビは、思春期のニキビというよりも、大人ニキビの症状に多いとも言われています。

口の周りにニキビが出来てしまったときには、炭水化物や甘いものの食べ過ぎに注意してニキビ対策をします。また、食べ過ぎや暴飲暴食によって胃腸が弱っていることもありますから口の周りのニキビを治すためにも、腹八分目を目安にするといいかもしれませんね。他にも、口の周りのニキビが出来るのは、手で口の周りを触る癖がある人がその刺激によって口の周りにニキビが出来ることがあるといわれていますから出来るだけ口の周りは清潔にしておきましょう。口の周りにばい菌が入ったりすると口の周りのニキビのげにんになることもあります。ですから、口の周りにニキビができたら、内臓に負担をかけていないか振り返ることと、自分の癖を振り返ってみるといいかもしれませんね。

おでこのニキビについて紹介したいと思います。おでこのニキビは思春期に出来るニキビに良くある症状だといわれています。おでこにニキビが出来るのは、思春期の特有のホルモンのバランスが不安定なことや、前髪がおでこにあたって刺激になってしまうことから、おでこにいニキビが出来やすいといわれています。また他にも、おでこのニキビの原因は紙を洗ったときにシャンプーがきちんとすすげていないことによってそれが刺激になって、おでこにニキビが出来るのではないかと言われています。おでこのニキビが出来てしまうと、ついつい前髪で隠してしまいたくなってしまいますが、それは間違いです。おでこにニキビが出来たら前髪を出来るだけ短くするか上にあげてしまって、ニキビに当たらないようにして、刺激を少なくすることが大切です。出来てしまったニキビにもこの方法は効果的ですし、ニキビが出来ていない場合も、こうしておくとおでこにニキビが出来にくいと思います。

また、おでこのニキビ対策にはシャンプーの時のすすぎ残しに注意することが大切です。洗うことよりも、きちんとすすぐことに重点をおいてよくすすいで洗い残しガ内容にするとおでこのニキビも改善されると思いますし予防になります。

ニキビの人は水分摂取を心がけることでニキビが改善されるといわれています。なぜ水分摂取がニキビに効果的なのでしょうか。ニキビに水分摂取が効果的な理由というのは水分を沢山体内に取り入れると、尿や汗がたくさん出ますから体の中にたまっていた老廃物を体の外に出してくれます。それによって体や顔に老廃物が溜まりにくく、ニキビが出来にくくなるということになります。そして水分摂取をするということは他にも、便秘の解消にもなります。便秘では消化されたものが体の中にいつまでもたまっていて有害物質を出す原因になります。有害物質は腸で吸収されるとニキビを悪化させることになるとも言われていますから便秘はニキビには良くないのです。

ですから水分摂取を沢山することで便秘の解消にもなり、ニキビを改善するわけです。大体どれくらいの水を摂取すればニキビに効果があるのかというと、大体1日に2リットルくらい飲むのが理想と言われています。水分は飲み続ければ飲むほどニキビが改善されるそうですから頑張って飲みましょう。水分摂取はこのように体全体を健康にしてくれる働きがあります。ニキビにも便秘にも効果があるので女性の悩みを解決してくれる一つの方法です。

ニキビと髪の毛ですが、髪の毛が長くて、例えば、額に髪の毛がかかってしまっている場合、額にニキビが出来やすいといわれています。それは髪の毛が額を刺激してその刺激によってニキビが出来るとも言われているのですがもう一つ、当たっている髪の毛がきちんとシャンプーなどのすすぎが出来ていなくて、すすぎ残しによってその部分にあたって、皮膚が炎症を起こしてニキビが出来ているとも言われています。出来ればニキビが額にできている人は髪の毛を短くするとか、前髪がニキビが出来ている部分にかからないようにするのが大切です。意外と額のニキビを隠したくて前髪をわざとおろしている人も多いのですが、出来れば髪の毛はあげてしまったほうがいいと思います。ニキビと髪の毛はこのようにとても密接に関係しています。

ニキビを人前にさらしたくないから普段はおろしていても、例えば自宅に帰ってからはカチューシャなどをして、前髪を上げたり結んだりするのも一つの方法かもしれません。特に寝ているときなどはニキビに髪がかからないようにしておくとニキビの治りも早いといわれていますからニキビを早く治したい人は、髪の毛がかからないように工夫するといいのではないでしょうか。

ニキビは肌のタイプによって出来やすい出来にくいなどが決まってきます。肌のタイプというのは4種類あるのですが乾燥肌の人は比較的ニキビは出来にくいといわれています。その理由に、ニキビの元になる皮脂が乾燥肌の人は極端に少なくて、脂っぽさが足りないくらいですからニキビにはなりにくいと言われているのです。そして、普通肌という肌のタイプがありますが、普通肌の人は皮脂の量は多くもなく少なくもない状態で、皮脂が原因でニキビが出来るというよりも、ホルモンのバランスによってニキビが出来たり、生活習慣によってニキビが出来る場合が多いといわれています。

そして肌のタイプの脂性肌の人は一番ニキビが出来やすい状態だといわれています。ニキビの元になる脂がたくさんありますから小まめに洗顔しないとどんどんニキビが増えていくといわれています。肌のタイプにはもう一つ、金剛肌という脂性と乾燥肌が混合している人がいますが、この場合は脂性の部分、特にTゾーンなどに、ニキビが出来やすい体質であるといわれています。混合肌はなかなかケアが難しくて、ニキビが出来やすい部分は小まめに洗顔が必要ですがそれ以外の乾燥している部分をあまり洗顔しすぎると肌が傷つきますから洗顔の後のケアをしっかりする必要があります。

ニキビ跡というのは何かというと、ニキビに出来た後に、赤いシミのようなものが残ってしまうことをニキビ跡といいます。ニキビ跡は少し赤く残ったり凸凹するのが特徴で、このニキビ跡が改善するのはなかなかすぐには治らず、時間がかかるケースが多いといわれています。またひどいニキビ跡の場合には、一生ニキビ後が顔や体に残ってしまうこともあります。ニキビ跡は、実はニキビで悩んでいる人の一番の悩みとも言われているのです。

ニキビで赤いのはなぜかというと、炎症によって傷つけられてしまった皮膚を修復するためにその新しい組織が見えているので赤く炎症を起こしたように見えています。このニキビ跡は大体半年以内には消えるといわれていますがニキビ跡がそのまま残ってしまって紫外線などの刺激を受けることでニキビ跡が色素沈着を起こしてしみになることもあるようです。ニキビ跡は凸凹していることが多いのですがこのへこみはニキビの炎症で真皮に傷がついてへこんだ状態で、凸の方は、ニキビが治る際に膿がなかに残った状態でそのままふさがったために膨らんでいる状態だそうです。ニキビ跡の改善はなかなか難しく自分で出来ないこともあります。美容整形外科などでニキビ跡の治療を受けることで綺麗になるとも言われています。


背中に出来るニキビは顔に出来るニキビと同じように皮脂腺が原因でニキビが出来るといわれています。背中には、顔と同じように皮脂腺が沢山ありますからニキビが出来やすいといわれているのです。背中のニキビは顔のニキビや他の部分のニキビと違って、お風呂に入ったときなどに、洗いづらいというのが一つの理由で手入れしにくいといわれています。背中のニキビの原因は背中は汗をよく汗をかきますからそれが背中に出来るニキビの原因とも言われています。また、化学繊維の洋服などは寝ているときの汗の通気を悪くしますからそれによってニキビが出来やすいとも言われています。

また他にも髪の毛を洗ったときなどに、シャンプーやリンスがきちんと洗い流されていなくて、洗い残しが背中に残ってしまって、背中のニキビになるとも言われています。ですから、背中ニキビを防ぐためにも、背中をきちんと流す必要があります。背中のニキビはまた、ホルモンのバランスによってニキビが出やすいとも言われていますから、内向的な性格の人は背中ニキビが出来やすいとも言われています。背中ニキビはなかなか自分でもケアしにくいので、夏場など背中の開いた洋服を着れなかったりと、背中ニキビのある人は色々と悩んでいるようです。

大人ニキビというのは思春期をすぎてもまだニキビが出来ることを大人ニキビとよんでいます。ニキビというのは、思春期をピークにして、発症して、大体の場合は思春期のニキビは年齢とともにホルモンのバランスが安定することでニキビは減っていくといわれています。しかし大人ニキビは、色々な原因が重なっていて思春期に出来るニキビよりもとても厄介だといわれています。

大人ニキビの原因はストレスや肌が乾燥することだといわれています。ストレスがたまると、ストレスに勝てるようにと、ニキビの元になっているアストロゲンが沢山分泌されます。それによって皮脂の量が増えてニキビが出来てしまうといわれています。大人のニキビはとても厄介で乾燥したことによって肌はなかなかターンオーバーしなくなって、角質がたまっていきそれが毛穴を防いでニキビになってしまいます。大人のニキビを改善するには、まずはストレスをためないことや、角質を小まめに取ること、そして食生活の見直しや生活習慣の見直しも大切になってきます。大人ニキビは一度出来てしまうとなかなか治らず、ニキビ跡にもなりやすいので早めの対処が必要になってきます。最近では大人にニキビ用の化粧品なども販売されています。

ニキビの治療には色々な方法があると思います。自宅で出来るニキビの治療といえば、やはり乾燥を防いでニキビが悪化しないようにして、ニキビ用の薬を塗るなどして治療することが出来ます。しかしニキビの治療はなかなか自分で完治するまで持っていくのは難しいといわれていて、美容整形外科などでもニキビの治療が行われています。美容整形外科で行うニキビの治療の場合は、レーザー治療が一般的です。ニキビ治療のレーザー治療はニキビだけでなくニキビ跡の治療にも効果があるといわれています。

ニキビやニキビ跡にレーザーをあてることによってニキビやニキビ跡の症状が改善されるといわれています。ニキビの治療で美容外科で行う場合にも、一回での治療はむりですから、何回か繰り返し治療に通うことで効果があらわれるといわれています。ニキビの治療で、よく、自分で出来るものとして、ニキビの中にたまってしまった、膿を自分で出して治す方法があるといわれていますがこれは実は間違ったニキビの治療法法です。自分で膿を出すことによってニキビの炎症を抑えることが出来るかもしれませんが肌を傷つけてしまいますから皮膚にとってはよくない治療方法なのであまりおすすめできません。

ニキビはなぜ顔に出来るのかについて紹介したいと思います。ニキビは多くの場合ほほや額に出来やすいといわれています。ほかにも体の部分で言うと、ニキビは背中や胸にも出来やすいです。顔や背中、胸の部分になぜニキビが出来やすいのか、その理由は共通していて、皮脂腺が集中していることによってニキビが出来やすいといわれています。皮脂腺というのは毛穴の部分に開口しています。皮脂腺で作られた皮脂は毛穴を通って皮膚の表の部分に出てきます。

ニキビはその毛穴からです皮脂が炎症を起こしたために出来るといわれています。ですから思春期になると皮脂腺が活発になって肥大して、皮脂が活発に生成されることからニキビが出来やすいといわれています。ニキビがなぜ顔に出来やすいかということですが、ニキビの原因になっている皮脂腺が顔にはとても多いので、ニキビは顔に出来やすいといわれているのです。皮脂腺が顔に沢山ある体質の人ほどニキビが出来やすいといわれているのです。ニキビが顔に出来やすい人というのは背中にも皮脂腺が沢山ある人が多く、顔に出来るニキビだけでなく、背中にもニキビが出来るといわれています。ニキビは顔に出来やすく、思春期の学生などの悩みの一つではありますが、これは皮脂が活発になることによって起こる炎症なのです。

カスタム検索


このアーカイブについて

このページには、 2007年12月 以降に書かれたブログ記事のうちニキビの説明 カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはニキビの説明: 2007年11月です。

次のアーカイブはニキビの説明: 2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。