ニキビ対策の最近のブログ記事

きれいにニキビは治ってもニキビの跡が残ってしまうことがよくあります。
特にニキビがひどくなり赤ニキビになってしまい、ニキビ跡が残ってしまったり、クレーターと呼ばれる陥没したニキビ跡になってしまうこともあります。

このようなニキビ跡にはピーリングが効果的です。
またビタミンC誘導体配合の化粧品も効くようです。
高い抗酸化作用があるビタミンC配合の化粧品は、活性酸素を取り除く働きがあります。そうすることでニキビの予防にもなり、ニキビの跡にも効果があります。

なぜなら皮脂の酸化を防ぎ、皮脂の分泌を抑えることができるからです。
そしてみずみずしいハリのある肌になっていきます。
なぜならコラーゲンを促す働きもあるからです。
肌にかゆみが出たり、炎症をおこしてしまった場合にはすぐに使用を中止しましょう。
化粧品が肌に合っていないということだからです。
ニキビの跡を隠したいとついついカバー力強いリキッドファンデーションを選んでしまいます。
けれどリキッドタイプのものはよけいにニキビがひどくなることがありすので、注意が必要です。
ニキビの気になる人はなるべく薄づきのファンデーションを選びましょう。ニキビの赤みが気になる場合はコンシーラーなどを利用すると良いでしょう。

とにかく油分がひかえめな化粧品にして、たっぷりと化粧水をつけることが大切です。
また化粧品は低刺激のものを選ぶように心がけましょう。

うまく自分の肌の状態に合った化粧品を選択できると良いでしょう。

一番ニキビの予防に効果的なのは正しい洗顔をすることです。

まずやるべきことは名句をしっかりと落とすことです。肌を清潔にすることが大切なのです。

クレンジング剤ですが、油分の多い肌に油分の多いものは好ましくありませんので注意しましょう。肌への負担が少ない洗い流すタイプのものがおすすめです。また油分が多すぎず、少なすぎないクレンジング剤にするほうがよいでしょう。弱酸性の洗顔料など刺激の少ないものを選ぶのも大切なことです。スクラブ洗顔料などは肌に負担をかけますので避けたほうが無難です。

洗顔の仕方ですが、汚れをしっかり落とそうとしてゴシゴシこするのはやめましょう。かえって肌を痛め、ニキビを悪化させてしまいます。洗顔の前には髪の毛が顔にかからにようにして、顔をしっかりと出しておきましょう。生え際の洗い残しは毛穴をふさぐ汚れにつながってしまいます。次に毛穴を開くために人肌くらいのぬるま湯で洗い、汚れを落としやすくします。そして洗顔料をよく泡立て、顔の中心から外側にむかって洗っていきます。丁寧に洗い、力を入れすぎないことが大切です。

最後はぬるま湯で洗い流します。このとき肌をこすらないようにしましょう。タオルで水分を取るときも肌をおさえるようにしてふきとりましょう。洗顔を毎日正しく行うことがニキビの予防や改善につながることは間違いありません。

さっそく実践してみましょう。

ニキビの時の洗顔料の選び方を紹介したいと思います。ニキビの時には、出来るだけ肌に刺激を与えないような洗顔料を選ぶといいですね。ニキビの時に選ぶ条件となる洗顔料は弱酸性で肌に刺激がなくて、添加物なども入っていないものを選ぶといいと思います。ニキビには、弱酸性の洗顔料がなぜいいのかというと、弱酸性というのは人間の肌の元々の状態を表していますから弱酸性の洗顔料で洗えばPHが乱れずに、ニキビにも効果があると言われています。また弱酸性は雑菌を繁殖させないPHの値になっているので、ニキビを防ぐことにも効果がありますから、ニキビだけでなく、洗顔料は弱酸性を選ぶといいと思います。

またよく最近スクラブが入っている洗顔料が販売されていますが、ニキビの人にはこの、スクラブ入りの洗顔料はあまりいいとは言えないと思います。洗顔料にスクラブが入っていると、刺激が強すぎてしまってニキビを悪化させてしまいますし、スクラブによって、肌が傷つくこともあり、ニキビには肌が傷つくと悪化することもありますからニキビに限らずスクラブ入りはあまりおすすめできない洗顔料かもしれません。ニキビにとっては一番効果的な対策方法が洗顔ですから、ニキビの事を考えた洗顔料を選んで、毎日洗顔してニキビ対策をしたほうがいいでしょう。

カスタム検索


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち ニキビ対策カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはニキビの説明です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。