ニキビの種類の最近のブログ記事

思春期にできるニキビと区別して大人になってからできるニキビのことをアダルトニキビと呼んでいます。

思春期ニキビは成長上一過性のものが多く、ニキビの要因が明確なものがほとんどですが、成人になってからのアダルトニキビは様々な要因があります。
それには仕事上のストレスや、不規則な睡眠、紫外線や偏った食生活などがあります。
アダルトニキビの場合、肌が生まれ変わるターンオーバーが乱れて肌全体に角質がたまり、角質層が厚くなることで毛穴がつまりやすくなってニキビができることがあります。
アダルトニキビが顔の中でも、代謝がわるくなりやすいUゾーンにできることも、ターンオーバーの乱れが関係しています。しかし角質層が厚くなっていないのに、できてしまうアダルトニキビもあるのです。それは酸化した皮脂が毛穴につまって出来る、角栓が原因でニキビができてしまうもので、新陳代謝が活発な、おでこやこめかみにできるアダルトニキビなのです。

アダルトニキビの対処法としては、ビタミンC誘導体のローションを使ったイオン導入が流行しているようです。ビタミンCは、肌に直接ぬることで、皮脂の分泌抑制や角栓を開く効果が期待できます。ビタミンC誘導体配合化粧品の種類は豊富にあってどれを選ぶのか迷うほどですが、選ぶための目安として、ビタミンC誘導体の配合率を良く見るといいでしょう。普通出回っているビタミンCが配合されたコスメは、だいたい2%以下と低いものがほとんどです。

ですからネットショップなどで調べて2%以上のものを見つけたら、よりアダルトニキビには効果的だと判断していいでしょう。

ニキビに似ている症状で脂漏性皮膚炎という症状があります。
これは皮脂の分泌が多いといわれている頭や顔の鼻の周りなどに出来やすいといわれています。少しニキビに似てるために、ニキビと間違いやすいのですが、脂漏性皮膚炎という症状です。
毛穴が開いて皮脂の分泌が多いといわれています。
ニキビに似ている症状の脂漏性皮膚炎は男性ホルモンの分泌によって起きたり、食生活などが関係して、出来るといわれています。
ニキビの場合にはアクネ菌が原因でニキビの症状が出来るといわれているのですが、こちらのニキビに似ている脂漏性皮膚炎の方は、マラセチア菌という真菌が原因とも言われています。

ニキビに似ている脂漏性皮膚炎はニキビではないことがわかっていますが、ニキビと合体して、発症することもあるそうです。
その場合は、ニキビ治療では脂漏性皮膚炎を治すことができませんし、逆に脂漏性皮膚炎の治療ではニキビを治すことが出来ないのが現状です。
ニキビに似ている脂漏性皮膚炎の治療には、少し強い目のステロイド剤や抗真菌剤が治療に使われるようです。
ニキビだと思って、ニキビの治療をしていても一向に治らない症状の場合は脂漏性皮膚炎の場合もあるので注意したほうがいいでしょう。

脂漏性皮膚炎とにきび

Tゾーンニキビというのを聞いたことがあるでしょうか。ニキビが出来やすい場所で顔のTゾーンと呼ばれる部分に出来やすいといわれています。Tゾーンというのは、眉毛と眉毛の間の眉間から、鼻筋の部分にかけてのTになっている部分で、この部分は顔の中でも特に皮脂腺の発達が活発ですから、ニキビの元になる皮脂の分泌が多くて、ニキビが出来やすい場所だといわれています。特に、ホルモンのバランスが不安定である思春期や脂性の肌の人は、このTゾーンにニキビが出来やすいといわれています。Tゾーンには過剰に皮脂が分泌されますからそれによって、毛穴が詰まってしまいます。毛穴が詰まってしまうとニキビになりやすいのです。

ニキビがTゾーンに出来やすい言う人は、できるだけTゾーンの部分に脂を付着させたままにさせないようにニキビ対策をするといいと思います。例えば、顔を洗うときにニキビの出来やすいTゾーンの部分だけは二回洗うとか、普段からも、あぶら取がみで脂をとっておくとかしてニキビ対策をすることをおすすめします。また日ごろから皮脂が分泌されやすいような揚げ物や甘いものを食べないようにすることも大切です。Tゾーンのニキビは顔の真ん中を通っていますからあまり良くないとも効きますので早めの対処が大切です。

カスタム検索


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち ニキビの種類カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはニキビの原因です。

次のカテゴリはニキビの説明です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。