2007年12月アーカイブ

Tゾーンニキビというのを聞いたことがあるでしょうか。ニキビが出来やすい場所で顔のTゾーンと呼ばれる部分に出来やすいといわれています。Tゾーンというのは、眉毛と眉毛の間の眉間から、鼻筋の部分にかけてのTになっている部分で、この部分は顔の中でも特に皮脂腺の発達が活発ですから、ニキビの元になる皮脂の分泌が多くて、ニキビが出来やすい場所だといわれています。特に、ホルモンのバランスが不安定である思春期や脂性の肌の人は、このTゾーンにニキビが出来やすいといわれています。Tゾーンには過剰に皮脂が分泌されますからそれによって、毛穴が詰まってしまいます。毛穴が詰まってしまうとニキビになりやすいのです。

ニキビがTゾーンに出来やすい言う人は、できるだけTゾーンの部分に脂を付着させたままにさせないようにニキビ対策をするといいと思います。例えば、顔を洗うときにニキビの出来やすいTゾーンの部分だけは二回洗うとか、普段からも、あぶら取がみで脂をとっておくとかしてニキビ対策をすることをおすすめします。また日ごろから皮脂が分泌されやすいような揚げ物や甘いものを食べないようにすることも大切です。Tゾーンのニキビは顔の真ん中を通っていますからあまり良くないとも効きますので早めの対処が大切です。

あごや首にできるニキビについてですが、あごや首の部分に出来るニキビは、男性の場合はヒゲがちょうど生えている場所です。男性ホルモンを敏感に感じやすい部分なので、男性ホルモンが影響してニキビが出来やすいといわれています。女性があごや首の部分にニキビが出来る場合には、こちらもヒゲは生えてはいませんが男性ホルモンが関係して出来るといわれています。ホルモンが関係してあごや首にニキビが出来やすいのは男女ともに共通しているのですが、男女ともに共通するニキビの出来る原因があります。

あごや首にニキビができてしまう原因として、頬杖をついてしまう癖がある人はニキビがあごに出来やすいといわれています。その理由は、頬杖をつくことで刺激になって、ニキビがその部分に出来やすいんだそうです。ですから出来るだけニキビがあごに出来始めたとおもったら、普段から頬杖をつかないように中止してみたり、自分の癖を見直して、頬杖をついていないか確認してみるといいかもしれませんね。意外と知らない間に、頬杖をついていてあごにニキビを作る原因を自分で作っている人も多いといわれています。あごや首のニキビはこれらが原因ですから思い当たる人は一度振り返ってみるといいかもしれませんね。

口の周りのニキビについてですが、なぜ口の周りにニキビが出来やすいのかというと、この部分に出来るニキビは、食べ過ぎが原因で起きていたり、揚げ物が好きな人、偏食の人、胃腸に負担がかかっている人などが、口の周りにニキビが出来やすいといわれています。口の周りのニキビですが、胃腸の健康状態がそのまま現れる場所とも言われていますから、胃腸の調子が悪いときなどに、口の周りにニキビが出来ることが多いといわれています。口の周りのニキビは、思春期のニキビというよりも、大人ニキビの症状に多いとも言われています。

口の周りにニキビが出来てしまったときには、炭水化物や甘いものの食べ過ぎに注意してニキビ対策をします。また、食べ過ぎや暴飲暴食によって胃腸が弱っていることもありますから口の周りのニキビを治すためにも、腹八分目を目安にするといいかもしれませんね。他にも、口の周りのニキビが出来るのは、手で口の周りを触る癖がある人がその刺激によって口の周りにニキビが出来ることがあるといわれていますから出来るだけ口の周りは清潔にしておきましょう。口の周りにばい菌が入ったりすると口の周りのニキビのげにんになることもあります。ですから、口の周りにニキビができたら、内臓に負担をかけていないか振り返ることと、自分の癖を振り返ってみるといいかもしれませんね。

おでこのニキビについて紹介したいと思います。おでこのニキビは思春期に出来るニキビに良くある症状だといわれています。おでこにニキビが出来るのは、思春期の特有のホルモンのバランスが不安定なことや、前髪がおでこにあたって刺激になってしまうことから、おでこにいニキビが出来やすいといわれています。また他にも、おでこのニキビの原因は紙を洗ったときにシャンプーがきちんとすすげていないことによってそれが刺激になって、おでこにニキビが出来るのではないかと言われています。おでこのニキビが出来てしまうと、ついつい前髪で隠してしまいたくなってしまいますが、それは間違いです。おでこにニキビが出来たら前髪を出来るだけ短くするか上にあげてしまって、ニキビに当たらないようにして、刺激を少なくすることが大切です。出来てしまったニキビにもこの方法は効果的ですし、ニキビが出来ていない場合も、こうしておくとおでこにニキビが出来にくいと思います。

また、おでこのニキビ対策にはシャンプーの時のすすぎ残しに注意することが大切です。洗うことよりも、きちんとすすぐことに重点をおいてよくすすいで洗い残しガ内容にするとおでこのニキビも改善されると思いますし予防になります。

ニキビの時の洗顔料の選び方を紹介したいと思います。ニキビの時には、出来るだけ肌に刺激を与えないような洗顔料を選ぶといいですね。ニキビの時に選ぶ条件となる洗顔料は弱酸性で肌に刺激がなくて、添加物なども入っていないものを選ぶといいと思います。ニキビには、弱酸性の洗顔料がなぜいいのかというと、弱酸性というのは人間の肌の元々の状態を表していますから弱酸性の洗顔料で洗えばPHが乱れずに、ニキビにも効果があると言われています。また弱酸性は雑菌を繁殖させないPHの値になっているので、ニキビを防ぐことにも効果がありますから、ニキビだけでなく、洗顔料は弱酸性を選ぶといいと思います。

またよく最近スクラブが入っている洗顔料が販売されていますが、ニキビの人にはこの、スクラブ入りの洗顔料はあまりいいとは言えないと思います。洗顔料にスクラブが入っていると、刺激が強すぎてしまってニキビを悪化させてしまいますし、スクラブによって、肌が傷つくこともあり、ニキビには肌が傷つくと悪化することもありますからニキビに限らずスクラブ入りはあまりおすすめできない洗顔料かもしれません。ニキビにとっては一番効果的な対策方法が洗顔ですから、ニキビの事を考えた洗顔料を選んで、毎日洗顔してニキビ対策をしたほうがいいでしょう。

ニキビ対策になる洗顔の方法でいきなり洗顔料をつけて洗顔するのではなくて、下洗いしておくとニキビ対策になります。
まずは石鹸で洗顔する前にぬるま湯で洗います。ニキビ対策に効果的なお湯の温度は大体脂性の肌の人で33度から38度くらいのお湯の温度がちょうどいいといわれています。お湯の温度というのは意外とニキビ肌の洗顔には重要です。お湯の温度がぬるいと、ニキビの皮脂が落ちにくいですし、お湯の温度が熱すぎると、肌に負担をかけて乾燥肌にしてしまいますからお湯の温度はニキビ肌の人にとっては重要なことだと思います。乾燥肌でニキビの人の場合は少し低めの30度から34度のお湯で洗うのがいいでしょう。


ニキビ対策のこの下洗いですがお湯で洗っただけでも、大体汚れの70パーセントを落とすことが出来るといわれていますから洗顔料を使って一日に何回も顔を洗うと肌が乾燥しますので、ニキビ肌の人で毎日なんかも洗顔するときには、できれが洗顔料を使わずにお湯だけで洗うようにするといいと思います。お湯だけで顔を洗うだけでニキビを予防することが出来るというのは手軽でおかねもかかりませんから嬉しいですよね。ぜひ、ニキビを予防するためにも下洗いをしましょう。

ニキビ予防になる正しい洗顔方法を紹介したいと思います。まずは、ニキビ予防にはお湯だけで洗う下洗いをあらかじめしておきます。そして、下洗いをしたら洗顔料を泡立てるのですが、その際、顔に直接つけてから泡立てるのではなくて、手であらかじめあわ立てておきます。または、泡立て専用のネットなどを使うと簡単に泡立ちますから便利です。
ニキビ予防をしたければ直接肌につけて泡立てるのではなくて手やあわ立てネットでクリーム見たいなるくらい泡立ててから顔につけましょう。なぜ泡立てにそこまでこだわるのかというと、きめ細かい泡を作ることで、毛穴の中まで泡が行き届きます。そうなると、ニキビの元になる皮脂などを綺麗に取り去ってくれますから綺麗に汚れを残すことなく洗うことが出来るのです。また、きめこまかい泡で洗うということは手と顔の皮膚の直接の接触を和らげているので、刺激を最小限に抑えていることになり、それがニキビの肌にはいいのですね。

ニキビ対策の正しい洗顔法で正しく泡が作れたら、次は実際に顔を洗うのですが、ごしごしと力を入れて洗わないで、優しく洗いましょう。力を入れてゴシゴシ洗ってしまうと、腹が荒れてしまいますし、角質が剥がれてニキビの原因になることがあります。ですから優しく洗うように心がけましょう。

ニキビ対策とすすぎについてですが、ニキビ対策になぜすすぎが大切なのかというと、せっかくニキビ対策にと、正しい洗顔方法を実践したとしても、きっちりとすすげていなければ意味がありません。洗顔料の成分が肌に残っていますし、肌荒れが原因となってさらにニキビが増えてしまうこともあります。ですから洗顔料を丁寧にすすいで顔に洗顔料が残らないようにすることでニキビを予防することが出来ます。ニキビ予防のすすぎは、洗顔の時にかかった時間の倍の時間をかけて、綺麗に丁寧にすすぐことが大切だといわれています。ですから洗うこともニキビ予防にとって大切ですが、すすぐことも大切ですから時間をかけて丁寧にすすぐことを心がけましょう。

ニキビ対策として丁寧にすすいだ後は、綺麗なタオルでふくことが仕上げになります。この時ごしごしとタオルでこするとせっかく今までニキビ対策として優しく肌を洗い上げてきたのに意味がありませんから、出来るだけこすらずに、軽く水分をタオルにしみこませる感じで叩くようにふいていくようにするとニキビ対策になるのではないでしょうか。すすぎまできちんと行えたのに最後の最後でタオルでゴシゴシふいていたのでは意味がありませんから優しく、清潔なタオルでふいてニキビ予防しましょう。

ニキビが出来にくい食生活を紹介したいと思います。ニキビは毎日の食生活を見直すだけでも改善できるといわれています。ニキビの原因というのはほとんどの場合が皮脂の分泌が過剰になったことによるといわれています。ですから皮脂の分泌を抑えるとニキビ予防になるというわけですので、できるだけ糖分や脂っこい食事を控えるとニキビ予防になりますし、ニキビの出来にくい体質になるのではないでしょうか。また、ニキビの原因になっている活性酸素を除去する働きのあるビタミンCや脂質を活発に燃焼してくれる働きがあるといわれているビタミンBなどを摂取することで、ニキビの元になっている皮脂をもやしてくれますし、免疫力を高めるビタミンAなどが含まれている食材もニキビには効果的です。

ニキビは出来てしまってからニキビに対して対処するのではなくて、毎日の普段の食生活も見直して注意する世にしましょう。洋食よりも出来れば和食の低カロリーで脂肪分が少ない食事を中心に摂取するとニキビが出来にくくなりますし、おやつも出来るだけカロリーの低いもので、甘いものは避けるようにします。また、カロリーが高くて脂分も多いといわれているファーストフードやスナック菓子を食べるものニキビの原因に最もなりやすいといわれていますから気をつけるようにして、出来れば、ニキビが出来ている人はファーストフードなどは食べないようにしたいものです。

ニキビにいいといわれている食べ物を紹介したいと思います。まずニキビにいいといわれているビタミンAを含む食材としてはレバーや人参、ウナギやかぼちゃなどがあります。ビタミンAは免疫力をアップさせる働きがありますし、皮膚を再生させる力を上げてくれますからニキビにいいといわれているのです。そしてニキビにはビタミンBを含む食材もいいといわれています。例えば、ニキビに効果的なビタミンBを含む食材としてはレバーやアーモンド、納豆やチーズなどがありますし、他にもマグロやカツオ、鶏のササミなどにも含まれています。このビタミンBはニキビにどのように効果的なのかというと、ビタミンBはニキビの元になっている脂の燃焼を促進する作用がありますから、脂の分泌を抑えてくれるのでニキビにはとても効果的な食材といえると思います。

他にもコラーゲンが含まれている食材というのはニキビにとってもお肌にとってもいいと言われています。ですからコラーゲンを含んでいる牛筋やうなぎ、カレイなどを食べるようにするとニキビに良いと思います。また亜鉛を含んでいる食材というのもニキビになってしまった肌を再生するのに効果があるといわれていますから亜鉛を含んでいる牡蠣や胚芽、煮干や牛肉などを沢山とってニキビを予防して行けるといいと思います。


ニキビに効果のある漢方薬についてですが、今の医療というのはニキビの治療でも他の病気でもほとんどの場合が西洋医学が主になっていますが、ニキビというのは体質によって大きく差が出てきます。ニキビは根本的には体質を見直さないと治療しても意味がありませんから、ニキビは体質改善にとても効果があるといわれている漢方薬が効果的だといわれています。ニキビに効果があらわれるといわれている漢方をここではいくつか紹介したいと思います。

まずは荊芥連翹湯と呼ばれる漢方です。これは若い人に特に効果があるといわれていてからだの中の熱を冷ます効果もありますし、血液の流れをよくしてくれるんだそうです。ですからニキビを体の中から綺麗にしたい人にはおすすめの漢方薬です。他にも、ニキビに効果のある漢方薬としては暴風通聖散と呼ばれる漢方薬があります。これは体の中の熱を冷ましてくれますし、食べ過ぎでニキビができている場合に効果があるといわれています。そして最後に、桂枝茯苓丸という漢方薬があるのですが、これはホルモンのバランスを安定させる働きがあるので、ホルモンのバランスが崩れたことでニキビが恵来ている人などにおすすめの漢方薬です。

ニキビの治療方法でco2レーザー治療と呼ばれる治療方法があります。これは一般的なニキビのレーザー治療のひとつで、ニキビ跡のレーザー治療のさきがけだったとも言われています。CO2レーザーというのは水に反応するという赤外線をあてて熱エネルギーを換えます。そしてそれによって皮膚を焼くことでメスでニキビを治療するよりも出血量も少なくてレーザーメスの一つとして使われているのだそうです。これによってニキビの治療を行っている美容外科は多いようです。

ニキビの治療だけでなく、ニキビ跡やほくろ、シミやしわなどの治療にも使われている方法です。ニキビの治療としてCO2レーザーを受けた後はすこし皮膚がほてったり赤い感じが残ってしまう期間が大体1ヶ月から2ヶ月くらいあるといわれています。ニキビの症状を改善させようと思っている人は一度では治療し切れませんから2-3回とかよってニキビ治療のCO2レーザーを受ける必要があるようです。何度も通わなくてはいけないのは少しニキビ治療としては時間がかかると思うかもしれませんが、数回通っただけで、ニキビ跡なども綺麗になるならいいと思います。CO2レーザーではニキビだけでなく頑固なニキビ跡にも効果的です。

ニキビの治療ではレーザー治療が一般的ですがレーザー治療といっても色々な種類のレーザー治療があります。ニキビの治療のクールタッチレーザーというのは、真皮の上の部分の繊維芽細胞を刺激してそれによってコラーゲンを作ってニキビやニキビ跡、しわを改善させるというレーザーの治療方法です。ニキビ治療のクールタッチレーザーは冷却装置をつけたことで、今までのレーザー治療のように表皮を熱で焼いて傷つけるということがなくなりましたから、CO2レーザーのように、術後1-2ヶ月ほてりや赤みが続くなどといったダウンタイムと呼ばれる期間がありません。

ニキビ治療のクールタッチレーザーという治療はダウンタイムがないために、誰でも治療できて、しかも、ニキビ治療をしてきたということを見てわかりませんから知られることなく出来るんですね。ニキビ治療をしたことがわかられないのは嬉しいと思います。また、料金の面でも、他のニキビ治療のレーザー治療と比べると安いですが、ニキビ治療の効果は一度レーザー治療を受けただけでは効果があらわれませんから何度も受ける必要があるニキビ治療のひとつです。しかし安いのと、ニキビ治療を受けた後が全く残らないことで何度もうけられるのがうれしいですね。

ニキビの治療方法にクリアタッチと呼ばれるレーザー治療の方法があります。このニキビ治療のクリアタッチレーザーではニキビの原因になっているアクネ菌を生むといわれているポルフィリンという化学物質に反応するために、少しのレーザー照射でも活性酸素が発生してニキビの元になっているアクネ菌を殺すことが出来るというものです。ニキビの発生自体を防いでくれるレーザー治療になりますね。ニキビ治療のクリアタッチの青い色の光というのは活性酸素を誘導して、ニキビの元になっているアクネ菌を殺菌してくれます。赤い色はニキビの症状の一つである赤みや他にも炎症などを抑えてくれますし、局部的な熱を使ってアクネ菌を殺菌する効果があります。

ニキビ治療のクリアタッチレーザーはクールタッチレザーというニキビの治療方法がありますが、これと同じように表皮を傷つけずにニキビの治療をすることが出来ますし、今までニキビに悩んでいる人で重症だった人にも効果があります。また顔のニキビだけでなく、胸や背中のニキビにも効果的だということです。なかなか顔のレーザー治療のように狭い範囲で治療はあっても、広い範囲のニキビの治療は少ないので背中などのニキビ治療にはクリアタッチがいいかもしれません。

ニキビの治療方法に、Vビームレーザーと呼ばれる治療方法がありますが、このニキビ治療のVビームレーザーというのは、赤い色に反応する色素レーザーの一つです。皮膚がニキビによってあかっくなっている原因になる毛細血管をこのレーザーによって壊すことで、赤ら顔や血管が拡張している症状にも効果があらわれますし、他にも、ニキビやニキビ跡の赤い色の皮膚の改善、治療にも使われるレーザーです。ニキビ治療に使うレーザーの照射を抑えることで、皮膚上層を刺激することでコラーゲンが生まれます。コラーゲンが新しく生まれたことによってニキビやニキビ跡の凹みなどを治療改善する力があるといわれています。

ニキビ治療のレーザーを使ったものは痛みを伴うのではないかと心配になる人も中にはいるかもしれませんが、このニキビ治療のレーザー治療では冷却装置を使っていて、レーザーで照射するときの痛みをやわらげてくれる効果がありますから痛みはましなんだそうです。全く痛みは無いということではなくて痛みは少ないといえるでしょう。ニキビ治療にはレーザーのものが一般的で色々と種類がありますが比較的このニキビ治療おVビームレーザーの場合は赤いニキビの症状に効果があるといわれています。

ニキビとタバコはとても関係しているってご存知でしょうか。思春期でニキビに悩んでいる人はきっとタバコとは無関係だと思いますかが、大人ニキビに悩んでいる人でタバコを吸っている人は関係があります。タバコの煙というのは血管を収縮して酸素が体内に送られにくくなってしまいます。それによって血の巡りが悪くなって、それは体だけでなく顔にも表れて顔の新陳代謝が悪いためにニキビが出来るといわれています。また他にも、タバコというのはビタミンCを大量に体の中で消費してしまいます。このビタミンChaニキビなどの跡や色素の沈着を防ぐ働きをしているので、タバコを吸ってしまうためにニキビやニキビ跡の色素沈着がひどくなってしまいます。

タバコを吸う人はお酒を一緒に飲む人が多いのですが、タバコを吸いながらのお酒は一番肌にとってはよくありませんし、ニキビを作ってしまう原因になります。ニキビを作ったり、ニキビを悪化させる原因になるので、ニキビが出来やすい体質の人やニキビが出来ている人は、タバコもお酒も控えるようにしなければいけませんね。普段両方すったり飲んだりしている人は試しに一度両方をやめてみてください。きっとニキビの出来ない綺麗で健康的な肌に生まれ変わります。

ニキビの人は水分摂取を心がけることでニキビが改善されるといわれています。なぜ水分摂取がニキビに効果的なのでしょうか。ニキビに水分摂取が効果的な理由というのは水分を沢山体内に取り入れると、尿や汗がたくさん出ますから体の中にたまっていた老廃物を体の外に出してくれます。それによって体や顔に老廃物が溜まりにくく、ニキビが出来にくくなるということになります。そして水分摂取をするということは他にも、便秘の解消にもなります。便秘では消化されたものが体の中にいつまでもたまっていて有害物質を出す原因になります。有害物質は腸で吸収されるとニキビを悪化させることになるとも言われていますから便秘はニキビには良くないのです。

ですから水分摂取を沢山することで便秘の解消にもなり、ニキビを改善するわけです。大体どれくらいの水を摂取すればニキビに効果があるのかというと、大体1日に2リットルくらい飲むのが理想と言われています。水分は飲み続ければ飲むほどニキビが改善されるそうですから頑張って飲みましょう。水分摂取はこのように体全体を健康にしてくれる働きがあります。ニキビにも便秘にも効果があるので女性の悩みを解決してくれる一つの方法です。

ニキビと髪の毛ですが、髪の毛が長くて、例えば、額に髪の毛がかかってしまっている場合、額にニキビが出来やすいといわれています。それは髪の毛が額を刺激してその刺激によってニキビが出来るとも言われているのですがもう一つ、当たっている髪の毛がきちんとシャンプーなどのすすぎが出来ていなくて、すすぎ残しによってその部分にあたって、皮膚が炎症を起こしてニキビが出来ているとも言われています。出来ればニキビが額にできている人は髪の毛を短くするとか、前髪がニキビが出来ている部分にかからないようにするのが大切です。意外と額のニキビを隠したくて前髪をわざとおろしている人も多いのですが、出来れば髪の毛はあげてしまったほうがいいと思います。ニキビと髪の毛はこのようにとても密接に関係しています。

ニキビを人前にさらしたくないから普段はおろしていても、例えば自宅に帰ってからはカチューシャなどをして、前髪を上げたり結んだりするのも一つの方法かもしれません。特に寝ているときなどはニキビに髪がかからないようにしておくとニキビの治りも早いといわれていますからニキビを早く治したい人は、髪の毛がかからないように工夫するといいのではないでしょうか。

ニキビは肌のタイプによって出来やすい出来にくいなどが決まってきます。肌のタイプというのは4種類あるのですが乾燥肌の人は比較的ニキビは出来にくいといわれています。その理由に、ニキビの元になる皮脂が乾燥肌の人は極端に少なくて、脂っぽさが足りないくらいですからニキビにはなりにくいと言われているのです。そして、普通肌という肌のタイプがありますが、普通肌の人は皮脂の量は多くもなく少なくもない状態で、皮脂が原因でニキビが出来るというよりも、ホルモンのバランスによってニキビが出来たり、生活習慣によってニキビが出来る場合が多いといわれています。

そして肌のタイプの脂性肌の人は一番ニキビが出来やすい状態だといわれています。ニキビの元になる脂がたくさんありますから小まめに洗顔しないとどんどんニキビが増えていくといわれています。肌のタイプにはもう一つ、金剛肌という脂性と乾燥肌が混合している人がいますが、この場合は脂性の部分、特にTゾーンなどに、ニキビが出来やすい体質であるといわれています。混合肌はなかなかケアが難しくて、ニキビが出来やすい部分は小まめに洗顔が必要ですがそれ以外の乾燥している部分をあまり洗顔しすぎると肌が傷つきますから洗顔の後のケアをしっかりする必要があります。

ニキビ跡というのは何かというと、ニキビに出来た後に、赤いシミのようなものが残ってしまうことをニキビ跡といいます。ニキビ跡は少し赤く残ったり凸凹するのが特徴で、このニキビ跡が改善するのはなかなかすぐには治らず、時間がかかるケースが多いといわれています。またひどいニキビ跡の場合には、一生ニキビ後が顔や体に残ってしまうこともあります。ニキビ跡は、実はニキビで悩んでいる人の一番の悩みとも言われているのです。

ニキビで赤いのはなぜかというと、炎症によって傷つけられてしまった皮膚を修復するためにその新しい組織が見えているので赤く炎症を起こしたように見えています。このニキビ跡は大体半年以内には消えるといわれていますがニキビ跡がそのまま残ってしまって紫外線などの刺激を受けることでニキビ跡が色素沈着を起こしてしみになることもあるようです。ニキビ跡は凸凹していることが多いのですがこのへこみはニキビの炎症で真皮に傷がついてへこんだ状態で、凸の方は、ニキビが治る際に膿がなかに残った状態でそのままふさがったために膨らんでいる状態だそうです。ニキビ跡の改善はなかなか難しく自分で出来ないこともあります。美容整形外科などでニキビ跡の治療を受けることで綺麗になるとも言われています。


背中に出来るニキビは顔に出来るニキビと同じように皮脂腺が原因でニキビが出来るといわれています。背中には、顔と同じように皮脂腺が沢山ありますからニキビが出来やすいといわれているのです。背中のニキビは顔のニキビや他の部分のニキビと違って、お風呂に入ったときなどに、洗いづらいというのが一つの理由で手入れしにくいといわれています。背中のニキビの原因は背中は汗をよく汗をかきますからそれが背中に出来るニキビの原因とも言われています。また、化学繊維の洋服などは寝ているときの汗の通気を悪くしますからそれによってニキビが出来やすいとも言われています。

また他にも髪の毛を洗ったときなどに、シャンプーやリンスがきちんと洗い流されていなくて、洗い残しが背中に残ってしまって、背中のニキビになるとも言われています。ですから、背中ニキビを防ぐためにも、背中をきちんと流す必要があります。背中のニキビはまた、ホルモンのバランスによってニキビが出やすいとも言われていますから、内向的な性格の人は背中ニキビが出来やすいとも言われています。背中ニキビはなかなか自分でもケアしにくいので、夏場など背中の開いた洋服を着れなかったりと、背中ニキビのある人は色々と悩んでいるようです。

大人ニキビというのは思春期をすぎてもまだニキビが出来ることを大人ニキビとよんでいます。ニキビというのは、思春期をピークにして、発症して、大体の場合は思春期のニキビは年齢とともにホルモンのバランスが安定することでニキビは減っていくといわれています。しかし大人ニキビは、色々な原因が重なっていて思春期に出来るニキビよりもとても厄介だといわれています。

大人ニキビの原因はストレスや肌が乾燥することだといわれています。ストレスがたまると、ストレスに勝てるようにと、ニキビの元になっているアストロゲンが沢山分泌されます。それによって皮脂の量が増えてニキビが出来てしまうといわれています。大人のニキビはとても厄介で乾燥したことによって肌はなかなかターンオーバーしなくなって、角質がたまっていきそれが毛穴を防いでニキビになってしまいます。大人のニキビを改善するには、まずはストレスをためないことや、角質を小まめに取ること、そして食生活の見直しや生活習慣の見直しも大切になってきます。大人ニキビは一度出来てしまうとなかなか治らず、ニキビ跡にもなりやすいので早めの対処が必要になってきます。最近では大人にニキビ用の化粧品なども販売されています。

ニキビの治療には色々な方法があると思います。自宅で出来るニキビの治療といえば、やはり乾燥を防いでニキビが悪化しないようにして、ニキビ用の薬を塗るなどして治療することが出来ます。しかしニキビの治療はなかなか自分で完治するまで持っていくのは難しいといわれていて、美容整形外科などでもニキビの治療が行われています。美容整形外科で行うニキビの治療の場合は、レーザー治療が一般的です。ニキビ治療のレーザー治療はニキビだけでなくニキビ跡の治療にも効果があるといわれています。

ニキビやニキビ跡にレーザーをあてることによってニキビやニキビ跡の症状が改善されるといわれています。ニキビの治療で美容外科で行う場合にも、一回での治療はむりですから、何回か繰り返し治療に通うことで効果があらわれるといわれています。ニキビの治療で、よく、自分で出来るものとして、ニキビの中にたまってしまった、膿を自分で出して治す方法があるといわれていますがこれは実は間違ったニキビの治療法法です。自分で膿を出すことによってニキビの炎症を抑えることが出来るかもしれませんが肌を傷つけてしまいますから皮膚にとってはよくない治療方法なのであまりおすすめできません。

ニキビはなぜ顔に出来るのかについて紹介したいと思います。ニキビは多くの場合ほほや額に出来やすいといわれています。ほかにも体の部分で言うと、ニキビは背中や胸にも出来やすいです。顔や背中、胸の部分になぜニキビが出来やすいのか、その理由は共通していて、皮脂腺が集中していることによってニキビが出来やすいといわれています。皮脂腺というのは毛穴の部分に開口しています。皮脂腺で作られた皮脂は毛穴を通って皮膚の表の部分に出てきます。

ニキビはその毛穴からです皮脂が炎症を起こしたために出来るといわれています。ですから思春期になると皮脂腺が活発になって肥大して、皮脂が活発に生成されることからニキビが出来やすいといわれています。ニキビがなぜ顔に出来やすいかということですが、ニキビの原因になっている皮脂腺が顔にはとても多いので、ニキビは顔に出来やすいといわれているのです。皮脂腺が顔に沢山ある体質の人ほどニキビが出来やすいといわれているのです。ニキビが顔に出来やすい人というのは背中にも皮脂腺が沢山ある人が多く、顔に出来るニキビだけでなく、背中にもニキビが出来るといわれています。ニキビは顔に出来やすく、思春期の学生などの悩みの一つではありますが、これは皮脂が活発になることによって起こる炎症なのです。

ニキビの発症因子が何かについて紹介したいと思います。ニキビの発症因子は3つあるといわれています。まず、ニキビの発症因子の一つ目としては皮脂腺が大きく肥大したことによって起きるといわれています。そして、ニキビの発症因子の二つ目は毛穴の中に日常的に存在している最近のプロピオニバクテリウムアクネスと呼ばれる通称ニキビ菌と呼ばれる菌がいるのですがそれが原因とも言われ手います。このニキビ菌は酸素が少ない状態でも増殖が可能で、皮脂を栄養にして増えて生きますから皮脂が活発に出る思春期の肌などはこのニキビ菌が成長するのに適した条件になっているといわれています。

そしてニキビの発症因子の三つの因子としては、毛穴の開口部が固まって角質がたまってしまって、ニキビ菌を持っている脂肪分解酵素によって角質を固めてしまうという働きがニキビを発症させるといわれています。ニキビが出来ている肌というのはなかなかターンオーバーが進まないために角質がたまりやすい肌になっているといわれています。ニキビができているから新陳代謝が出来ていてはだがターンオーバーされているのではないので、ここのところを間違えないようにいなければいけないと思います。

ニキビに悪い食事ついて紹介したいと思います。ニキビに悪い食事というのは、ニキビの原因になっている皮脂腺というのは油に溶ける物質を体の外に排出する働きがあります。ですから、脂溶性の物質は皮脂腺に集められることになります。油を多く含んでいる食べ物をはじめとして、油脂を沢山含んでいるスナック菓子や牛乳などを必要以上に大量に食べるというのはあまりよくないといわれています。また、コーヒーやチョコレートなどの刺激が多い食べ物も、刺激をニキビに与えますからニキビにとってよくない食べ物と言われています。

ニキビを気をつけるなら、甘みを抑えていれば問題はないといわれていますが、砂糖や炭水化物は皮脂腺で中性脂肪を生成する元になっているといわれていますから、ニキビには良くない食べ物といえると思います。またアルコールもニキビには良くない影響が出るかもしれませんから控えたほうがいいと思います。とにかくニキビの人には油分を多く含んだ食べ物は大敵です。揚げ物はもちろんの事、肉類や高カロリーな食べ物も出来るだけ控えるように日ごろから注意しておくことが必要です。毎日の食事で油の量を減らすことによってニキビの症状が改善されます。

ニキビの種類には色々な種類があると思います。例えば、赤いニキビですが、このあかいニキビというのは炎症を起こしているニキビのことを言います。毛穴の中で増殖してしまったニキビの菌を持っている脂肪分解酵素が皮脂の成分の中性脂肪を分解して、それによって、遊離脂肪酸を作るといわれています。ニキビ菌からは炎症に関係している白血球を引き起こす因子が分泌されるとも言われています。この遊離脂肪算と毛穴の周りに集まった白血球が毛穴の壁を壊して、毛穴を中心にして炎症を起こします。これが赤いニキビと言われています。

赤いニキビはニキビ菌が毛穴の中に増えている状態という単純な物ではなくて、炎症が起きている状態の事を表しています。赤いニキビの炎症がもっとひどくなると、毛穴の中に化膿してしまった膿が出てくるようになります。この膿を無理やり赤いニキビから出そうとして皮膚を傷つけて自分で出すと、ニキビの炎症はさらにひどくなるだけでなく、皮膚も傷ついてしまいますからやめましょう。赤いニキビは熱を持ったように赤く膨れ上がっているのが特徴的です。このニキビの場合は普通のニキビに比べると炎症が起きていることになりますから炎症がこれ以上ひどくならないようにケアが必要です。

ニキビ治療の基本方針について紹介したいと思います。ニキビ治療ではまずは皮脂の生成を抑えるようにします。そして皮脂が皮膚の表面に排出されるのを促進させて出来るだけ毛穴に皮脂がたまらないようにするのが大切です。また、ニキビ菌をこれ以上増やさないようにすることと、ニキビ菌の数を減らすことを目的としてニキビの治療を行います。

具体的にはにいび治療にはどのようなことを行っていけばいいのかというと、食事の改善やホルモン異常の調整がありますが、食事指導の場合には、出来るだけ油を多く含んでいる食べ物を食べないようにすることでニキビを治療することにつながります。またホルモン異常を正常に戻すということは自分で行うのは無理かと思いますからこちらは病院でニキビがひどい場合に行います。他にも自分で出来るニキビ治療としては、洗顔をこまめにして、油が分泌された場合にそのままにしておかないことです。またニキビ治療では薬を使うことがあり、抗菌剤を内服したり、外用の薬を使用することもあります。ニキビ治療は自分で出来るものと、自分の力では出来ない治療もありますから、ニキビの症状に合わせて、ひどい症状の場合には、出来るだけニキビ治療を病院で行うようにしたほうがいいでしょう。

ニキビの治療には外用薬を使う場合があります。ニキビの外用薬には二種類の作用があって、ニキビの原因になっている皮脂を皮膚の表面に排出することを促進するの作用があるニキビの外用薬と、ニキビ菌の数を減らすためのニキビの外用薬の二種類に分けることが出来ます。ニキビの外用薬で、皮脂を表面に出すことを活発にさせる外用薬の場合には角質溶解作用や脱脂作用があるニキビの外用薬が用いられます。またニキビ菌の数を減らすために使われるニキビの外用薬は抗菌剤などが含まれているニキビの外用薬です。ニキビの外用薬にはこのように二種類の作用があるものが一般的です。

市販でもニキビの外用薬は販売されていますが、ニキビの症状がひどくなってから使用するのではなくて、ニキビが出来始めたころからニキビの外用薬をつけはじめると早めにニキビの症状を抑えることが出来るともいます。ニキビの外用薬は人によっては合わない場合もありますから数日使ってみて、もしニキビの症状が治らないようなことがある場合には、ニキビの薬があっていない可能性もありますから一度ニキビの薬を変えてみるか皮膚科に行ってみてニキビの相談をしてみるといいのではないでしょうか。

カスタム検索


このアーカイブについて

このページには、 2007年12月 に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。